スタッフブログ

28年産早期米コシヒカリ販売開始出発式

2016 / 08 / 22

いよいよ新米の時期がやって来ました!先日早期米コシヒカリの収穫が行われ、弊社では8月5日より待望の第一便の出荷が決定しました。その販売開始を祝し、今年も早期米コシヒカリ販売開始出発式が執り行われました。

弊社社長の児玉静二より挨拶を行い、その後来賓を代表してJA熊本経済連代表理事の加耒会長よりお言葉を頂戴いたしました。

その後弊社社員による決意表明、ガンバロー三唱が行われ、来賓の方々及び弊社社長によるテープカットが執り行われました。

最後に精米された天草コシヒカリの出荷を見送り、式は閉会しました。

挨拶を行う児玉社長


来賓を代表して加耒会長のご挨拶


テープカットの様子

左よりくまもと売れる米づくり推進本部 村上局長、JA熊本経済連 加耒会長、熊本パールライス株式会社 児玉社長、JA熊本経済連農産部 宮崎部長、ユーユーフーズ株式会社 廣瀬社長  

主な販売先としてエーコープYOU+YOU内、弊社直営店熊水の蔵をはじめ、熊本県内の量販店及び米穀店、インターネット販売等より販売しております。
また今年の品質は、梅雨時期の長雨による日照不足を心配したものの、7月に入り順調に回復し、成分・品質に例年と変わらない品質と思われます。
新米の風味を是非お楽しみください!
また、今後は阿蘇のコシヒカリ、森のくまさん、ヒノヒカリ、くまさんの力など、様々な品種の新米が続々と登場します。
お楽しみに!



※注)加耒会長の「耒」について、実際の表記は横三本となります。PC表記不可のため、代用致しました。

米袋の空気穴について

2016 / 07 / 08

皆さんこんにちは。梅雨も半ばに入り、暑くジメジメとした日が続きますね。この時期高温多湿な状態が続きますと、お米の品質劣化を早めてしまいます。また夏場に入りますと、ちょうど買い物の時間にゲリラ豪雨と呼ばれる一時的な集中豪雨や夕立に出くわす事もあるかと思います。そんなときに気をつけていただきたいことがあります。それはお米の袋を濡らさないよう注意して下さい。
お米の袋にはピンボールタイプの有孔袋、両サイドや背面真中を和紙の様な材質で閉じてある無孔袋などがあり、袋の破裂を防ぐ空気穴としての工夫がしてあります。


有効袋

無孔袋※赤矢印は空気穴、黄矢印は和紙
無孔袋※イメージは佐藤産業様より提供
無孔袋イメージ※イメージは佐藤産業衢佑茲蠶鷆

しかし、この穴や和紙の部分から雨水などが侵入し、高温多湿な状態になりますと、菌の生育環境がそろってしまい、カビの発生(変色米)を招いてしまいます。せっかく買ったお米が台無しになってしまいますので、水に濡らさぬようくれぐれも注意して下さい。
 これから暑い夏がやってきます。夏バテや熱中症にも気をつけて下さい。